画期的な磁気 加圧健康法で健康・美容業界の指導者育成!インストラクター募集中






成長ホルモン増加法


●成長ホルモンが減少していると美肌にならない!
●美肌に必要な成長ホルモンは磁気 加圧健康法で増える!

 

■成長ホルモンとは?

視床下部から分泌され、血液中に放出されるタンパク質の構成要素です。
191~192個のアミノ酸によってできています。
 

主な作用は

成 長 骨→(軟骨細胞の分裂・増殖を促し、伸張させる。)
筋肉→(特定のアミノ酸の取り込みを促し、タンパク質合成を促進する。)
代謝促進→(炭水化物・タンパク質・脂質の代謝を促進する。)
代謝 血糖値上昇→(肝臓でのグリコーゲン分解を促し、抗インスリン作用を持つ為、
血糖値を一定に保つ。)
恒常性の維持→(カルシウム濃度等を一定に保ち、体内の恒常性を維持する)
体脂肪動員の促進→(エネルギー不足の状態の時、脂肪組織から遊離脂肪酸の形で放出させる。)

ちょっと余談・・・
*なぜ、身長が永遠の伸び続けないか?→骨の成長版が完成すると骨は長軸方向には伸びない為。

 

つまり、カラダの組織の成長(皮膚を厚く若々しく保つ)には、
成長ホルモンが必要です。

 成長ホルモンは加齢とともに低下してきます。思春期前の値を100%とすると成長ホルモンの分泌量は、
思春期後期で多くなり、200%と2倍くらいになります。 その後はどんどん少なくなり、30、40歳台では
50%、60歳では30%くらいになります。
  

■成長ホルモンがでなくなるとどうなる?

A.痩せない、ハリ、ツヤの無い肌、コレステロールの増加
 
成長ホルモンは、脂肪を分解したり、また、肝臓で作られたコレステロールの取り込みを促したりすることにより、最終的には血中のコレステロールを低下させる働きがあります。

■成長ホルモンを増やすには?

①磁気 加圧健康法(増加させる方法①)
 磁気 加圧健康法で、適切に血流を制限した状態にすると、受容体を刺激します。すると脳は、刺激を受けて、受容体を再生しようと成長ホルモンの分泌量を増やします。体内に分泌された成長ホルモンは筋肉や骨を修復していきます。  それに伴い、コラーゲンの生成が活発に行われると言われています。 ※コラーゲンの生成には必須アミノ酸(9種)の摂取が必要です。
 
②睡眠(増加させる方法②)


あくまでも「眠り始めの3時間」が、成長ホルモンの分泌がさかんになる時間帯です。
 
更に詳しく講習会で学んで、資格を取りたい方はコチラ迄